◆表裏:絹100% (お誂え・お仕立ては手縫いです)
背より身丈153cm(適応身長148cm~158cm) (4尺 0寸 4分)
裄丈65.5cm (1尺 7寸 3分) 袖巾33.5cm (8寸 8分)
袖丈49cm (1尺 3寸 0分)
前幅23cm (6寸 1分) 後幅30cm (7寸 9分)
◆八掛の色: 小豆色
※ガード加工済み
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 観劇、お食事会、街着、カジュアルパーティー、ランチなど

◆あわせる帯 お洒落袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯など

【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 裄丈67.5cm (1尺 7寸 8分) 袖巾34.5cm (9寸 1分)
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていたのでしょう、美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


絞りに繊細な草木染めのお色。
シンプルなお柄ながら奥深い面持ち漂う一枚…。
草木染めの大家、野乃花工房・五代目諏訪好風氏が、
「諏訪好風」を名乗る前に制作された、まさにプレミアものの一枚。

氏の草木染めにかける想いをふんだんに込めた、
紬のおきものを是非ともお手元にてじっくりとご堪能いただきたく存じます。

「彩りの魔術師」とも呼ばれる好風氏は、
帯〆・帯揚げ・伊達衿などの小物から、のれんなどのインテリア・お着物に至るまで、
全てを天然草木染にこだわり、全国にファンの多い有名作家さんです。

作品数がかなり限られますので、通常のルートでは仕入れができません。
お色柄が個性的すぎてどこかが手放したものばかりでございました。

自然の草木・花を用いた伝統工芸染織…

野乃花工房では、
絹糸などを染める染料として天然の草木や花が用いられます。
主には藍・栗・サフラン・茜・楊梅(やまもも)紫根等々約30種類があり、
他には貝(貝紫)等の植物以外のものもあります。

草木染は、材料の採取された時期や少しの天候の違いにより、
染め上げた時の色相が微妙に異なってまいります。
偶然の色が最高の色となったり、また、逆もしかり。
データだけでは予測できないところこそ、草木染の醍醐味とも言えましょう。

草木ならではの色相を。
大自然に包み込まれるように、お楽しみいただきたく思います。

今回の作品は色大島紬を地として用いたお品でございます。
穏やかな伽羅色に、気品漂う紅掛花色の二色のみであらわされた分銅繋ぎの意匠。
お色柄はシンプルでも、草木染め、そして絞りの風合いで表情豊かに。
見るほどに深みと奥行きが増し、
飽きることなく長くお楽しみいただける一枚かと存じます。

帯合わせで表情をかえていただけますし、
はやり廃りのない伝統文様の作品ですので、末永くお楽しみいただけましょう。

なかなかご紹介できない、希少なお品。
一期一会とはまさにこのこと。
お値打ちなこの機会を、どうぞお見逃しなく!!

≪ 諏訪好風 プロフィール ≫

1947年 山形県米沢市に生まれる
1973年 みちのく紫根染同人会結成
1981年 東京で初のサフラン染展を行う。
1982年 第9回伝統工芸武蔵野展入選
1983年 第10回伝統工芸武蔵野展入選
      伝統工芸新作展入選
1989年 第29回伝統工芸新作展入選
1994年 第13回染織作品展入選
1996年 第33回日本工芸染織展入選
1997年 第34回日本工芸染織展入選
    第44回日本伝統工芸展入選
※お仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[0G081365]-[TP:片山]-[PS:片山]-[CH:八木]-[文責:森岡]-[0530019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

福袋 【9万円均一】【日本工芸会準会員 裄丈65.5 五代目諏訪好風】特選絞り染本場大島紬~草木染め~≪仕・中古美品≫ファンの方必見…プレミア品!身丈153-着物

アーカイブ